工事日報ブログ

全国出張記録

2018.10.14

工事中の音羽山清水寺

姫路城に続き翌日は京都の清水寺へ立ち寄りました。
2018年10月現在は本堂檜皮屋根葺替工事中であり、2020年3月まで修理が行われる予定だそうです。
本堂の修復工事中ではありますが、清水の舞台や本堂での拝観は可能でした。
清水寺の大修理で使用する仮設材には、ご覧のような丸太足場が用いられています。
丸太による足場の組立は古来より採用されている工法ですが、施工に手間がかかり、また水に濡れると滑りやすく節に体や足が引っかかりやすいといったこともあり、今ではほとんど見かけなくなりました。現在は鋼製足場(ビケ・くさび式足場など)が主流となっています。
間近で工事中の清水寺を拝観することも可能ですので、建築業関係の方々は是非お立ち寄り頂ければと存じます。

修復工事中の清水寺
清水の舞台は懸造と呼ばれる工法で床下を支持しています

2018.10.13

国宝・姫路城

関西への出張中、休日を利用して幾つかの観光名所を巡って参りました。
平成21年から数年に渡って大天守保存修理工事(平成の大修理)が行なわれていた国宝姫路城は、誠に優美な日本の名城だと思います。
姫路城ならではの漆喰の純白は、長く風雨に晒されることで少しずつ失われていく可能性があるそうです。そういったこともあり、機会があったら是非とも行ってみたい場所のひとつでした。見ているだけでとても癒やされるお城です・。・

国宝-姫路城
快晴だったこともあり、小職のスマホでもかなりきれいに撮影できました・・

2018.10.12

作業日報管理ソフト納品

弊社製品の納品及び操作方法のご説明、ネットワーク周辺機器の設定業務を行なうため、関西地域への出張となりました。エンドユーザーさまにおかれましては、当社の作業日報ソフトを導入頂きまして心より御礼申し上げます。
本日は和歌山県田辺市の企業さまへお伺いさせて頂きました。
天気も良く、せっかくなので写真を数枚撮影しました。
武蔵坊弁慶の生誕の地と言われている田辺市では、毎年10月に「弁慶まつり」が開催されております。また、博物学者の南方熊楠(みなかたくまぐす)先生が後半生を過ごし研究活動の拠点としたのがここ田辺市です。
帰途につく際、『南方熊楠顕彰館』へ少し立ち寄りたかったのですが、あいにく時間の関係で断念致しました・・・。



紀伊田辺駅


弁慶像(紀伊田辺駅前)


「紀伊山地の霊場と参詣道」は3つの霊場と参詣道を対象とする世界遺産(田辺市で撮影)