工事日報ブログ

2018.09.28

建設会社の胆振地方復旧作業

 苫小牧及び勇払郡などの胆振地方の建設会社さまへ作業日報管理ソフト「もうけ太郎」を納品させて頂きました。
土木・建築業者さまへ向けた工事日報、作業日報ソフトは郵送による発送のみでご対応させて頂くことがほとんどですが、今回は直接商品をお届けさせて頂きました。

苫東厚真発電所を通りかかったのですが、北電関係のスタッフさんが忙しく出入りしておられました。また、厚真町の国道を通過して帰ってきましたが、山が崩れて水田へ土砂が流入するなどしており、建設会社の方々などが早期復旧に向けて作業をされておられました。

地震発生からまだ1ヶ月も経過しておりませんが、道内の電力の供給も概ね回復しました。
地震による風評もあり観光客数が落ち込んでいるそうですが、北海道は安全ですので全国及び海外の方々の来道を心よりお待ち致しております。

厚真発電所の建設作業  厚真町の土砂崩れ復旧作業

2018.07.22

土木建築の請負・常用とは

建設業向けソフト「もうけ太郎」の日報入力は、請負・常用の区分選択が必須となっています。
建設業以外の業種の方から、請負と常用の違いについて御質問を受ける事がありますので解説致します。

請負:
ある仕事を全て完成させたら、幾ら貰えるという考え方に基づき受注する方法のこと。
比較的大きな仕事に対して採用される方法です。例えば、ある住宅一棟を完成させたら一千万円貰えるといった契約方法のことを指します。この請負契約の中には、人件費・材料費・運搬費・交通費などの経費が全て含まれています。

常用:
ある仕事を決められた時間行ったら、幾ら貰えるという考え方に基づき受注する方法のこと。
比較的小さな仕事に対して採用される方法です。例えば、ある住宅建築の仕事を一日行ったら一万円貰えるといった契約方法のことを指します。この常用契約の中には、普通は人件費しか含まれません。材料や資材運搬などに係る経費は発注者が負担します。現場までの交通費は状況に応じて発注者から受注者へ別途支払われます。

※常傭と書く場合もありますが同じ意味です。傭兵の傭という字で、傭うという意味ですから、おそらく元々はこの字が使われていたのではないかと思います。(傭兵:雇い兵と表記される場合もあり、戦時中に日雇いで一日幾らといった契約で雇用されていた兵隊さんのことを指す場合が多い)

請負・常用日報管理アプリ

2018.06.18

コンクリート診断技術研修会|建設業

 北海道コンクリート診断士会にて、「第1回コンクリート診断技術研修会」が開催されます。

--------------------------------------------------------------------------------------------
1.日  時:平成30年7月19日(木) 13時30分~17時00分
2.場  所:札幌コンベンションセンター 206会議室
(札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1 2階)

3.研修内容:
(1)13:30~13:35 はじめに
(2)13:35~15:05「(仮称)コンクリート補修の失敗例とコンクリートの補修について」
(3)15:15~16:45「(仮称)階層分析法を用いた対策優先度評価モデルについて」
(4)16:45~17:00 質疑・応答

4.参加費:無料
5.定  員:50名(定員になりしだい締め切らせて頂きます)
6.そ の 他:個人会員様からの紹介者(各1~2名程度)も参加の対象とします。
--------------------------------------------------------------------------------------------
※非会員の方でも会員からの紹介があれば参加可能です。
参加ご希望の方はお気軽に弊社までお問い合わせください。

2018.05.31

工事日報のエクセルひな形

建設業向け工事日報です。無料で使えるひな形になります。
書き方にはいろいろあるので、現場日報のエクセルテンプレートを自分用にカスタマイズしてご利用ください。
公共工事で記入した工事日報をアプリへ入力したいという方は、弊社の工事日報管理ソフトをご使用下さい。

↓工事日報のPDFフォーマットは下記の日報画像を押下してダウンロードしてください。

工事日報の様式

工事日報管理システム-もうけ太郎

↑作業日報のエクセルひな形を自社用に加工したい方は、上記の建設業向け工事日報管理ソフト「もうけ太郎」
無料版を
ベクターサイトよりダウンロードしてください。無料の現場日報エクセルひな形が添付されています。

2018.05.30

建設業の土木・建築工事情報

北海道内における土木・建築工事などの入札情報検索は「e-kensin」が便利です。
北海道建設新聞社さんにて運営されています。SaaSによる運用で当職も以前使用していました。

e-kensin >> https://e-kensin.plus

インターネットによるログイン認証にはUSBドングルが使用されています。USB認証キーをPCへ装着しないと、IDとパスワードを入力してもユーザーがアカウントへログインできないという仕組みです。
USBハードウエアによる認証キーを使えば、アカウントを他人と共有して使用することが出来なくなります。1つのアカウントを共有されてしまうと、運営元のライセンス料に影響が生じます。これを防ぐための機器がUSBキーによるウェブ認証ツールです。